犬の避妊手術ができる大阪の動物病院口コミ

HOME » 犬の避妊メリット・デメリット

犬の避妊メリット・デメリット

避妊手術を受けることでペットにどんな影響が出るの?

このカテゴリでは、犬の避妊手術におけるメリットとデメリットを紹介します。

飼い主さんの中には、大切な愛犬の体にメスを入れることを可哀相に思い、去勢・避妊手術に抵抗を感じ、悩まれる方も多いと思います。

 

色々なご意見の方がいらっしゃるとは思いますが、このサイトでは、望まない妊娠を避けるためや、生殖器系の病気の予防になることなど、将来愛犬に起こり得るリスクを少しでも減らしてあげる一つの方法として、避妊手術をご紹介させて頂いています。

去勢・避妊手術のメリット・デメリット

元々、避妊手術は、放し飼いの犬があちこちで交尾をして飼い主の知らないうちに子犬が産まれてしまい、困った飼い主が山や川などに捨てたり等、不幸な子がたくさんいたことから、それを防ぐために始まりました。

現在では、それだけではなく、愛犬の健康を守るための病気予防やスプレー行動等の問題行動を防ぐため等、様々な理由で手術をすることが増えてきています。ただ、そういったメリットの反面、デメリットも確かにあります。手術時の全身麻酔や太りやすくなってしまう点、尿失禁の可能性などです。

これらのメリット・デメリットの知識をきちんと把握した上で、愛犬の将来について考えていただき、手術を行うかどうかの判断材料にしていただければと思います。

 
犬の避妊手術 疑問解決サイト