犬の避妊手術ができる大阪の動物病院口コミ

HOME » 最新・ペットの避妊事情 » 避妊手術の適正時期

避妊手術の適正時期

生後どのくらいで避妊手術を受けるべき?

犬の避妊手術に適した時期は、オス・メスともに諸説あり、個体差にもよるといわれていますが、現在の主流はこのようになっています。

また、メスには手術を避けたほうがいい時期がありますので、よくお読みください。

 

メスの避妊手術に適した時期

メス犬の避妊に適した時期ですが、現在、初回の発情が来る前に避妊手術を受けた方が良い、という医師の意見が主流です。

発情前の避妊手術は、乳腺腫瘍の危険性を減らす効果があるのです。乳腺腫瘍の発生率は、発情前では0.5%、1回目の発情後では8%、2回目の発情後では26%と徐々に高くなっていくため、なるべく早期の段階で手術を行ってあげることが望ましいと言えます。

よく、「1歳を過ぎてから避妊手術をした方が体に悪影響が出ない」とか「1回目のヒートが終了してから手術を行った方が良い」という事も耳にしますが、科学的な根拠はありません。むしろ、発情前に手術を受ける方が、子宮や卵巣に起因する疾病を予防することができるのです。

初めてのヒートは、個体によって異なりますが、大体6か月~8か月前後でやってきますので、生後3~5か月、遅くとも6か月までには、手術を受けることをおすすめします。

オスの去勢手術に適した時期

オス犬の去勢手術もメス同様、個体により差がありますが、生後6か月頃を目安におこなうことが推奨されています。

オス犬にとって、発情期を迎えたのに、交尾ができない状況は、大変にストレスのかかるもの。

夜間の無駄吠えが増えたり、突発的な行動から交通事故の原因となることもありますので、繁殖を望まないのであれば、なるべく発情期を迎える前に手術をしてあげることが、愛犬のストレスを減らしてあげられる手段となります。

【手術時期についての注意点】

オス犬は、健康であれば去勢手術をすることが可能ですが、メス犬の場合は、手術を避けた方が良い時期があります。

ヒートを迎えると、子宮に繋がる血管も太くなっているため、多量の出血をする可能性があり、この時期の手術を受け入れない獣医師が多いです。

発情前の期間を逃してしまった場合、ヒートが終わり、陰部の腫れが引いて、無発情期に入ってから改めて、手術を受けると良いでしょう。

 
犬の避妊手術 疑問解決サイト